キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 うつ病ナビゲーター

うつ病の症状とはどんなもの?

うつ病の症状とはどんなもの?

うつ病ナビゲーターメイン

うつ病は、こころの症状だけでなくからだにも症状があらわれます。自分の症状を把握しておきましょう。

うつ病の症状とはどんなもの?

最近、うつ病でお悩みの方が増えているようです。

うつ病というと精神的な病ですが、症状はこころの症状だけでなくからだにもあらわれます。

うつ病の症状について知っておきましょう。

【こころの症状について】

うつ病でよくみられる症状として、抑うつ気分があります。

抑うつ気分は、気分の落ち込みがずっと続くことです。

気分が落ち込むのは誰もが経験したことがあるものですが、この状態が一日中、毎日、二週間以上続くのがうつ病です。

他には不安や焦燥があり、じっとしていられなくなったりします。

また、どこか遠くへ行ってしまいたいとか、消えてしまいたいといった自殺願望があらわれたりします。

【からだの症状について】

うつ病はこころの症状だけではありません。

よく眠れない、疲れが取れない、体がだるくて仕方ない、息苦しいなどのからだの症状もあらわれます。

いつも肩や腰、頭が重いという人もいます。

首筋や肩が良く凝ったり、頭痛を起こすこともあります。

こころの症状と共にからだの症状がある場合は、うつ病の可能性が高くなります。

【症状について細かく伝える】

病院で診察を受ける時、自分の症状をきちんと医師に説明しましょう。

いろんな症状が出過ぎて伝え漏れがありそうだと思ったら、自分が辛いと思っている症状を書き出しておくとスムースに診察が受けられます。

どんな些細なことでも医師に伝えるようにし、正確に診断してもらいましょう。

うつ病は治療すれば治るのです。

PickUp Entry