うつ病が回復していく流れ

うつ病ナビゲーター

Yahoo! JAPAN

うつ病が回復していく流れ

うつ病ナビゲーターメイン

うつ病が回復していく流れ

うつ病と診断されると治療を始めていきますが、どのような流れで回復していくのでしょうか。

ケガをしたなどであれば、傷が治っていくのが目に見えてわかりますが、うつ病の場合はそういった目安がありません。

治療を始めてから状態が安定するまでの流れをまとめました。

【治療の経過は】

うつの症状があらわれ、うつ病と診断されたらすぐに治療を始めます。

症状が出始めて治療を開始する時期を急性期、治療の効果があらわれて症状が無くなってくる時期を継続期、そして症状が無く安定した時期を維持期と言います。

急性期は6~12週間、継続期は4~9か月間、維持期は1年~となっており、うつ病からの回復までは長くかかると考えておいてください。

【自己判断しないこと】

継続期になると症状がほぼ無くなり、治ったのではないかと勘違いするほどになります。

この時、自分の判断で出された薬を勝手に飲むのを止めてしまう人がいます。

こころの病の薬を長い間飲むのに抵抗があるとか、かえって体に良くないのではと考えてしまう人が多いのです。

しかし、主治医の指示なく薬を止めてしまうと症状がまた出て悪くなったり、治るまで時間がかかったりします。

【病気になる前の状態まで戻す】

うつ病の症状はとてもたくさんあり、これがうつ病の症状だというはっきりしたものはありません。

こころの症状だけでなくからだの症状も出ることがあるので、これらの症状すべてを取り除き、病気になる前の状態まで戻さなければならないのです。

どれか一つの症状が残っているけれど、まあいいか、とそのままにしておくと悪化する恐れもあるので注意が必要です。

うつ病が回復していく流れ

うつ病の治療を始めてから回復するまでの流れです。急性期、継続期、維持期というように回復していきます。

うつ病はどこで治療してもらうのか

うつ病の治療はどこでしてもらえるのかについてです。精神科、精神神経科、心療内科などがおすすめです。